ミュージカル観劇史

ミュージカルを愛して30年!その感動を仕事や日々の生活に繋げようと思って暮らしています^^

カテゴリ:観劇レポ > 東宝など

  「フランケンシュタイン」大千秋楽を梅田芸術劇場で観劇いたしました。3年前初めてこの作品を名古屋で観たときも、初見にして大千秋楽。(何も狙っている訳ではないのですが・・・よく大千秋楽を観劇しているw)その時は柿澤勇人さん(カッキー)のビクターで幕を閉じま ... もっと読む

「シャボン玉とんだ宇宙までとんだ」を大阪上本町の新歌舞伎座にて観劇してきました。この作品は1988年に音楽座により世に出たもの。私はテレビ放送されているのを偶然目にしたのですが、それがちょうどクライマックスのシーンでした。音楽座のこともよく知らない時でしたが ... もっと読む

 「笑う男」キャストの感想です。(敬称略)グウィンプレン・・・ 浦井健治醜い役・・・ではなく、傷も生きていく武器にしている王子という雰囲気。この役は、浦井さんにお似合いだと思います。貴族に訴える♪目を開いて♪という歌が好きでした。そして次の♪笑う男♪と全く ... もっと読む

「笑う男」は、私の大好きな「レ・ミゼラブル」、「ノートルダムの鐘」と同じ原作者、ヴィクトル・ユゴーによって書かれているのですが、舞台の印象は、前者の2つとはかなり違いました。以下、多少のネタバレを含む感想となります。日本初演ですので「あらすじ」を知りたくな ... もっと読む

マリー・アントワネット、キャストの感想です。一度しか観劇しないので、悩みましたが笹本さん、昆さんペアを選択いたしました。笹本玲奈さんも、とても好きな女優さんの一人です。前回私がミス・サイゴンのキム役を観たとき、キム役は昆さんもキャスティングされていた ... もっと読む

↑このページのトップヘ