あさイチにミュージカル俳優の吉原光夫さんが出演されるというので、楽しみにしていました。
20210219_184506

(公式HPよりお借りしました↑)

吉原さんと言えば、エールコンサートのイヨマンテが迫力満点で、ツイッターがザワついた お方。
私は劇団四季時代から拝見しています。
レ・ミゼラブルでは、ジャン・バルジャン役とジャベール役、宿敵と言われる正反対の役を演じられ、私は両方拝見したことがあります。

トーク番組には初めてのご出演とのことでしたが、あさイチメンバーのあたたかい雰囲気の中で、飾らない正直なお人柄が滲み出ていましたね。

最近のインタビュー記事で私が感動した言葉は、
「僕自身は、売れたいとはまるで思っていないんです。そのために費やすエネルギーが
あるのなら、作品に注ぎたいですね。」
(インタビュー記事より)

「俳優を見るより作品を見てほしい」という劇団四季の考え方、浅利慶太さんの精神が、吉原さんの中に生きておられる気がします。
エールコンサートでイヨマンテを歌った時も、他の俳優さんが美しく着飾っておられた中で、ただひとり、「岩城さん」という役のままの衣装でしたよね(笑)
あさイチで、「パバロッティのような衣装と、岩城の衣装の2択だった」と知りました!


これまでの経歴を簡単に書くと、

演劇学校時代にジーザスと出会い、稲妻に打たれたように感動
劇団四季へ(四季は全てを作ってくれた)
全国公演で「お兄さんの夢は?」と聞かれて答えられず愕然とする
四季を退団し、小劇団を旗揚げ
「自己満足劇団」と言われて、奮起してレ・ミゼラブルのオーディションへ
最年少(32歳)でジャン・バルジャン役に(次回公演で6度目)

節目節目で言われた言葉に奮起して、四季を退団したり、レミゼのオーディションを受けたり、チャレンジャー、冒険家、負けず嫌いだなぁと感心しました。

全国放送なのに「楽譜が読めない」と暴露したり、「このやろう。ふざけんな。やってやるよ!」と思った・・・などと話されるのを見て、本当に正直で嘘のない方だな・・・と好感度アップ。
大きな身体に恵まれていますが、天賦の才能というより、ストイックな努力によって、今があるのだと伝わりました。

ご自分を「怖がり」「緊張するタイプ」と言っておられました。
あさイチは生放送で、「吉原光夫」としてのインタビューを受けてからの歌。しかも早朝。
これ、最高に緊張するシチュエーションですよね。
9時台からジャン・バルジャンの独白を熱唱し、歌い終わってしばらく言葉が出ないほど。
早朝から歌った「自分を褒めたい」とのことでした。(お疲れ様です)

奥様の和音美桜さんも何度か舞台で拝見していますが、とても歌がお上手で、お互いリスペクトして支え合っている姿が素敵だと思いました。

「家に帰ってドアを開けると、隙間から犬が鼻を出してきて、その奥で子供がギャン泣き
してるんですよ。その光景を見ると、もう死んでもいいと思うくらい幸せですね。」
(インタビュー記事より)

娘さんが生まれてから、手作りのお節料理を作られたり、公私ともに充実しているご様子。

お茶の間にも応援されて、今後たくさんの作品に登場しそうですね。
私も、以前よりさらに応援したくなりました。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村