オリジナル配信ミュージカル「箱の中のオルゲル」をアーカイブで視聴しました。

あらすじ(敬称略)
箱の中に閉じ込められているオルゲル(井上)。彼は箱が誰かに開かれる時を待っている。
その音楽は、いつでも人々のそばにあり、人々の心に寄り添う。
例えば、アリーセという一人の女性(咲妃)。
アリーセにはファーベルという恋人がいて、ある期間、アリーセと時を共にしたオルゲルは彼女の喜びと悲しみを知ることになる。


出演:井上芳雄、 咲妃みゆ
作曲・ピアノ:大貫祐一郎
作・演出・作詞:安倍康律
4人
井上芳雄さんと 咲妃みゆさん(愛称ゆうみさん)と言ったら、「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」の 「ゆうあんちゃん」「おかよ」ではないですか
大好きな作品の大好きなお二人。迷わず視聴を決めました。

大貫さんは、井上さんと咲妃さんの声をイメージして曲を作られたそうですが、
幻想的な照明の中、とても美しい旋律が響いていました。

最初は井上さんの一人芝居。
オルゴールの中のオルゲルは、長い間誰にも蓋をあけてもらえず、一人で壁(カメラ)に向かって話をしています。こういう試みは、配信ならでは。

この壁のシーンはほぼアドリブ(?)
リハーサルではスタッフやカメラマンの反応を楽しんでいた井上さんですが、本番は皆「死んでも喋らない」スタンスだったので、「おい、壁!」と一人でカメラに話し続けます。
それが結構長い!(笑)・・・反応がないって辛いだろうなと想像してしまいました。
kamera

それが咲妃さんが出てこられたとたん、「舞台」の空気になり、ぐっと引き締まりました。

やっぱりこのお二人はお似合い
Screenshot_20210127-201920

井上さんは、オルゴールのオルゲルから、咲妃さん演じるアリーセが愛したファーベルになり、彼女に寄り添います。
Screenshot_20210127-201622

Screenshot_20210127-203424

伴奏も、オルゴール音がやがてピアノになったり、幻想的。
途中、歌詞を間違えてしまうというハプニングもあったようですが、オリジナル初配信なので「流したものが正解」だそうですw
「かつて経験したことのない緊張」だったと話されるお二人でした。

舞台が思うようにできない現在ですが、それを逆手にとって、配信ならではの作品を作り上げたことに拍手!!
箱に閉じ込められて外に出られないオルゲルが外との繋がりを求めるという状況が、偶然今の世情にもつながりました。
とても美しいメロディーの曲でしたので、できれば音源を盤にして残していただきたいです

(アーカイブ配信は、1月末までです

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村