コロナ関連のニュースが始まってもうすぐ1年。
連日のニュースに、そろそろうんざり。疲れも溜まってきてしまいますね。

そんな中であっても、私も毎日教壇に立つ身なので、生徒たちに暗い顔は見せられません。
大人が不安になると、子供まで不安になりますからね。
なので、雨が降っても疲れていても Hello,everyone!! と、テンション上げてやっています。
(どうにもテンションが上がらないときは、授業することで逆に元気をもらっています。)

緊急事態宣言で休校になり、久しぶりに登校した時もそうでしたが、
この冬休み明けも生徒らは少し元気がないように感じられました。
でも半月経ってまた少しずつ笑顔が戻ってきました。

やはり学校は、子供らを元気にするところ!!

たとえ家庭的に恵まれない子であっても、毎日大半の時間を過ごす学校が安心できる空間で
あってほしいといつも思います。
愛情を与えられる大人がどこかにいれば、子供は悪くならないと信じています。

暗いニュースが多い中で、心を奮い立たせて頑張れる源は何だろう?と辿っていくと、
私の場合、やはりミュージカルの舞台が原点となります。

自分も学生時代に少し心が不安定になったことがあったのですが、劇団四季の歌に助けられ、
その後ずっと励まされてきました。
「明日も頑張ろう」と思える舞台は、不要不急ではなく、生きるのに必要なものだと
私は思っています。


どんな逆境でも屈しない明るさ、強さ、タフさ。
これからの時代にこそ必要ですね。

日々感動を思い出してチャージして、出会う人に少しでも還元できたら・・・というのが秘かな願いです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村