ミュージカル観劇史

ミュージカルを愛して30年!その感動を仕事や日々の生活に繋げようと思って暮らしています^^

2009年07月

毎日仕事から帰ると、私を待っていてくれるモノたち・・・

トマト・なすび・ピーマン・キュウリ・・・


ただいま~  あ~疲れた~  さて今日はどう料理しよう??
私には毎日宿題があるのです。
「夏野菜を使って何か作る」という宿題が・・・

「あ~もう今日は違うモノ食べたいな。夏野菜は使わないでおこう。」とか
「今日は疲れたから、お総菜を買って食べておこう。」とかサボルと、容赦なく野菜がたまっていくのです。

うちの実家は冷蔵庫が3台もあるのです。
我が家は1台なので、野菜室は満室。


なすびは油料理が合いますよね。
牛肉やマイタケと油で炒めてから、甘辛く煮込むとおいしいです。
天ぷら・焼きなす・つけもの・・・
でも、料理に使うのはせいぜい3~4本程度でしょう。
だから、たまっていきます。

キュウリは、そのまま刻んですぐサラダになるので有り難いです。
でも2本も刻めば結構な量。
だから、たまっていきます。
ぬか漬けにしたり、キュウリのキューちゃん風にしたこともありますが。
うすくスライスして塩をふり、絞って酢・砂糖・醤油・ゴマをふるキュウリもみは、5本くらい消費できますね。

ピーマンは、肉詰めが人気です。
あとはチンジャオ・ロース風に炒めたり、そのまま焼いて醤油をかけるだけでもおいしいですね。

トマトはちょっと悩みます。
うちの家族はトマトがあまり好きではないので。
去年、長女が作った俳句。

今日もまた 並んだトマト 皿の上

またか~という気持ちがよく現れているでしょ?(笑)
次女も顔をしかめて一切れ食べるのがやっと。。。だから、たまっていきます。
トマトが赤くなると、医者が青くなる・・・というくらい身体にいいのにね。
トマトを豚肉や卵と炒めたら、彩りもキレイでおいしかったです。


時々、夏野菜に攻撃されているような気持ちになることもあるのですが、
でも、ありがたや~夏野菜。

ちなみに今日は、夏野菜カレーです。←頭を使うのが疲れると、何でも刻んで鍋につっこむ。
あぁ、もうネタがない!
いいお料理法があれば教えて下さいませ。

夏野菜がほしい方は、どうぞ我が家へ!

昨日、晩ご飯を食べていたらピンポ~ンと家のチャイムが鳴りました。

ドアを開けるとセールスマンが立っており、外壁のリフォームの話を始めたのですが
感じの良いお兄さんだったので、ちょっと話を聞いてしまいました。

少し話を始めたところで、お兄さんは私に言いました。

「あ、もしかして・・・この家の娘さんでしたか?」


は? え? 私のこと? 娘さん???

おいおい、それはないだろう。私、この度40になったのですよ・・・と思わず切り返しそうになりましたが、
初対面の人にそこまで説明する必要もないと思って、笑ってごまかしました。

「奥さんですか!若いですね~」

その時は夕暮れで、薄暗かったから若く見えた?(汗)
みんなに言っていたりして・・・

後で娘に「お母さん、娘さんに見られたよ。」と言ってみたら、
「いくらなんでも20代には見えやんやろ~~」と言われました。

当たり前じゃいっ!
そこまで私、図々しくないよ・・・
でも最近身長が伸びた娘と姉妹に見られたりするので、10歳くらいサバがよめるかな・・・とか
考えてしまった出来事でした。^^;

童顔って得ね。(笑)

先日、中1の長女と小4の次女、両方のクラスで秋に行われる合唱のピアノ伴奏者を決めました。
そして・・・二人とも伴奏をすることになりました☆

長女は、小5の時に卒業式の伴奏をさせてもらったのですが、本人も親も
「これが最後だろう。」と思っていました!
中学に行けば、部活も忙しくなるし、とてもピアノの上手い子がたくさんいるだろうから。

しかし!今年の娘のクラスでは、ピアノを習っている子は4~5名。。。
ただでさえ少ないのに「私、違う曲を練習しないと行けないの。」とか、中にはカワイク「いや(*^_^*)」
と言って去ってしまったりして、結局娘が引き受けることになったそうです。

長女はもともと目立つのが好きなタイプなのですが、今回恥ずかしがり屋の次女が伴奏に立候補!!
立候補しただけでも「よくやった!エライ!!」と誉めていたのですが、
今習っている曲を先生達の前で弾き、「選ばれた~」と言って帰ってきました。

次女はピアノが大好きで、保育園くらいから毎日のように何か弾いています。
でも恥ずかしがり屋。ピアノって自分で楽しく弾くのもいいですが、人前で弾き、
自分の伴奏に乗せて皆が歌ってくれたら嬉しいですよね。
そういう楽しさを味わってほしいなと思っていました。

次女の学年の子は習い事が盛んで、スイミング・ピアノ・ソロバン・英語・・・などなど
多い子は4つや5つ習っていたりします。
ピアノもとっても上手な子がいるので、無理だろうな~と思っていたら、3曲発表するということで
何とか入れてもらえたようです^^

長女「旅立ちの時」(長野パラリンピックのテーマソング、久石譲作曲)
次女「勇気100%」(忍たま乱太郎の歌♪)
・・・を弾きます。

本番は秋の文化祭と子ども音楽会ですが、この夏休みに頑張って練習してね♪

開場してから開演までロビー・パーフォーマンスが「めいっぱい」あり、そのまま本編が始まりました。

こういうハッピーなミュージカル、いいですね~^^
私は、「ミー&マイガール」って初めてでした。
有名な作品なのに、宝塚版も東宝版も観る機会がなく・・・

井上芳雄クンが、育ちが悪い役をこなすようになるなんて、何だか感慨深かったです。(笑)
ミュージカル界のプリンスというだけでは飽き足りず、色々な舞台で訓練を重ねて
蜷川監督の厳しい厳しい演出も経験され、そして今回は、このコメディ。
ずっとハイテンションで喋りまくるビルという役は、ハードだと思います。
マチソワ公演で、これを演じるのは大変だな~
それを、いい具合に力を抜いて自然に演じられていた井上クン・・・

すっかり舞台人になられたな~とその成長ぶりに心打たれてしまいました。
悲劇から喜劇までこなすことができれば、もうどんな舞台でも「どんと来い」ですね。

それから笹本玲奈さんのサリーの何とキュートなことよ!
サリーの衣装&メイクもとってもよくお似合いですが、その純真で一途なサリーは、とても良かったと思います。

この作品ってビルとサリーは、最初から最後までずっと相思相愛なんですね。
周りは大騒ぎでも、実はその軸がぶれない・・・純愛ものだったのね・・・(笑)

笹本さんのサリーは、それだけ思われるのも分かる!と納得できました^^
これまでレミゼのエポニーヌとか、マリー・アントワネットのマルグリットなど、悲劇のヒロインばっかりでしたが
今回はハッピーエンドで、ほっとしました。(?)


それから、マリアの涼風さんの壊れぶりに驚きました。
マリアってもっとお高くとまっている役かと思ったら、こんなに声色を変えたり笑いを取ったり
私は「いいの?」と心配になるほどでした。(笑)
涼風さんは、コメディのセンスもいいですね~
エリザベートの時よりも、生き生きして見えました!?

その他も豪華キャスト、そして塩田さんの踊り付き(?)のオケも素晴らしかったです。
難しいことを考えず、こういうハッピーな作品を楽しむのもいいなと思いました。


ランベス・ウォークは・・・

私は2階席。この日は平日マチネ。2階席は空席も結構あり、年輩女性が多かったのです。
どうしよう。。。せっかく家で練習してきたのに。(爆)

幕が開く前の練習は、誰も立っていません。
手だけ練習している人が数名・・・これは厳しいかも・・・

1幕最後も誰も立たず。え~ん、つまんないよぉ。。。(さすがに1人でダンスする勇気はなし。(笑))


そしてカテコ。井上クンが叫びました。
「もう一度ランベス・ウォークをみんなで踊ろうっ!!!」

そうしたら・・・2階席のお客さんが1人立ち上がって踊り出したのを発見!!@@
次の瞬間、私もスタンドアップ!!(笑)

楽しく踊っていると、2階席の人も次第に立ち上がり、みんなで踊ることができました。(笑)
ほら~やっぱり楽しいでしょ?
せっかく劇場に来たのですから、こういう時は楽しみましょうね^^

練習していったおかげで、上手に踊れました。
どんちゃん、もこさん、教えてくれてありがとう。(笑)


モヤモヤした気持ちを吹き飛ばすには、ハッピーなミュージカルがいいですね~
今日は、中日劇場でミー&マイガールを観てきました。

この作品は、開演前にロビーパーフォーマンスがあると聞いていたので、間に合うように行きました。

私はマチネだったのですが、何と12時開演
ということは、11時半には劇場前でスタンバっていなければなりません!(早いぞ)
ちょうどお昼の時間。。。

私は11時からのランチを汗をかきながら大急ぎで食べ終わり、諸先輩方の教えを胸に(笑)
きちんとトイレも劇場に着く前に済ませて入場しました。(いい子でしょ?)

劇場に入ると、指揮者の塩田さんとオケのメンバーが階段の所に並んでいました。
早く着いたので、塩田さんの正面に立つことができました。

「こんにちは~ 山崎邦正です~!!」

うんうん、私も以前から似てるって思ってたんだよね・・・(笑)

塩田さんは、クラリネット・テナーサックス・トロンボーン・ホルン・ドラムなどの楽器をひとつずつ
笑いを交えて紹介していきました。20分間くらいあったかな?

その後、役者さんが「劇場でランベス・ウォークの練習をしましょう!」と入ってきて、
皆劇場へ入りました。

オケの人たちと一緒に歩いている時に、塩田さんが私の隣を歩いていたので、チャンス!!と思い、
すかさず声をかけました。

「塩田さん!握手してくださいっ!!」

塩田さんはこちらを見て、握手してくださいました。わ~い^^

今日は、マチネとソワレ公演だったので、終演後に役者さんを見送ることはできなかったのですが、
こんなところで握手してもらえて嬉しかったです。
塩田さんは、ほとんどの東宝ミュージカルを指揮されている「凄い方」ですものね~
いつもオケピの中心で、踊って・・・もとい、指揮をしていらっしゃいます。



私は食事もトイレも済ませてあったので、すぐ劇場へ入ってランベス・ウォークの練習ができたのですが、
多くのお客さんは「聞いてないよ~」と、大急ぎでおにぎりをほおばったり、トイレに並んだり、大忙しの様子でした。



これからミー&マイガールに行かれる皆様方へ^^
食事とトイレは外で済ませて、開場時間ぴったりに入場し、悔いの無いように楽しんでくださいね!(笑)

↑このページのトップヘ