ミュージカル観劇史

ミュージカルを愛して30年!その感動を仕事や日々の生活に繋げようと思って暮らしています^^

2009年05月

今日のニュースで作曲家の三木たかしさんが亡くなられたことを知りました。

「津軽海峡冬景色」など、多数の歌謡曲を作曲された方ですが、私にとっては大切なミュージカルの
珠玉の曲を作曲された方です。

劇団四季のオリジナルミュージカルで、昭和三部作と呼ばれる「李香蘭」「異国の丘」「南十字星」
全て三木さんの曲ですし、「ユタと不思議な仲間たち」「夢から醒めた夢」を作曲された方でもあります。

この「ユタ」と「夢醒め」は、数ある子どもミュージカルの中で、群を抜いて音楽が素晴らしいと思います。
子どものためだけでなく一般向けミュージカルとして、何度も再演されていますよね。

私の一番好きな曲は、「夢から醒めた夢」の「二人の世界」です。
光になって永遠に共にいるという、素敵なメッセージのこもった歌。何度聴いても感動します。

この歌は、家族全員大好きです。
私の影響で、娘らもよく歌うし、主人もCDを聴いて「これは本当に名曲だ!!」と太鼓判を押してくれました。

「愛をありがとう」も大好きです。
かつてピコを演じた保坂知寿さんが、この歌を舞台で歌うと一番涙が出る・・・と語っていました。

こんな素敵な曲を作られた方が亡くなられたとは、大変淋しいです。
私はずっとこれらの曲を励みとして何度も聴いていきます。
素敵な歌と共に永遠に見守っていてくださるような気がします。


今日は、母の日でしたね。
全国のお母さん方、労っていただきましたでしょうか?

私は・・・今日は小学校の廃品回収で、暑い中、一輪車を引いて頑張りました。
去年も母の日に廃品回収。。。去年は途中で雨が降り出しましたが、今年は暑かった!!

そして・・・衣替え~
家族の分から半袖を出していたのですが、今日やっと私の分も出し終わりました。
(いつも私が最後だよ・・・シクシク・・・)

GWは、生憎の雨だったのですが、昨日からの晴天で「ここぞ」とばかりに冬物や毛布を洗濯しまくりました。

庭に一面、干し放題~

母の日だというのに、結構な重労働をしてしまいました。

写真は、GWに花を買いに行った時に、娘らが母の日のプレゼントということで選んでくれたものです。
今年は枯れない花にしました^^


大型連休も終わろうとしています。
皆様、どこかにお出かけなどされましたか?

我が家は毎年GWは、遠出などせず、家で過ごすことにしています。
どこへ行っても混んでますから・・・家でゆっくりするのが最高の贅沢!?

ちょうど衣替えの季節だし、日頃できない片付けなどをするにもいい気候。
出かけるとしたら、プランターに植える花を買いに行くくらいかな?

毎年GW中に義母が誕生日なので、うちに遊びに来ます。
今年もそうでした。まるい大きなケーキを買って「おめでとう!」と祝いました。



さて、娘も中学に入学して1ヶ月が経ちました。

そうだ!!このGW中にセーラー服をクリーニングに出そう!!

冬までにはもう1着くらい洗い替えを作ろうと思うのですが、とりあえず様子を見てから注文しようと思って
今のところまだ1着しか買っていないのです。連休中なら仕上がるだろうな・・・

しかし、「仕上がりは11日になります。」と言われて、やめました。
もうすぐ夏服を購入しますが、それまで体操服を着て登校するってワケにもいかないし!(笑)


でも洗いたい。
一応、ウオッシャブルのセーラー服なのです。
家で洗えるって書いてある・・・どうしょう。
ちょっと勇気がいりましたが、ネットに入れてエイッと洗濯機に放り込みました。

ホームクリーニング用の洗剤や柔軟剤を多めに使うと良い・・・とネットで読んだので、その通りにしました。
手洗いコース、スタート!!
でもどうしよう。見るも無惨にシワシワになったら。。。(ドキドキ)

直ちに陰干しすること・・・と聞いたので、洗濯機がピーピーと洗い終わりを告げると同時に干しました。

そして・・・あ~良かった。
まだアイロンもかけていない状態ですが、キレイになりました。
洗う前より、スカートのひだがキレイになった気もします。
水に濡らしてから干したので、重力でシワが伸びたか?(笑)

アイロンするときは、あて布をしないと!テカテカになりますね。(笑)←笑い事ではない?

5月から本格的に部活動も始まるし、またこの制服を着て頑張って登校してね^^

久しぶりに映画を見てきました。

映画に行けるのは、平日に仕事が休みの日だけ。
ずっと卒業式や入学式など行事続きだったので、本当に映画館へ行くこと自体が久しぶり~

選んだ作品は、スラムドッグ ミリオネア
アカデミー賞8部門受賞というので、どれどれ・・・と鑑賞しました。

これは、インド映画なのですね。
何というか・・・インドってこうなの?という衝撃が大きい作品です。
こんなに治安が悪いの? 衛生面でも、日本では考えられない状態。
そんな中でのサバイバル。

スラムの雰囲気を出すために、ほとんど無名のインドの役者さんを揃えて、独特の世界を表現しています。

椅子に座ってクイズに答えるだけで、一夜にして大金持ちになれる、夢の番組「クイズ ミリオネア」。
どんなにそれが憧れなのか。日本人が「金持ちになれたらいいな~」と漠然と考えるのとはワケが違います。

まさに地獄からの一筋の光なのですね。

なぜこの映画が評価されたかというと、そんなエネルギーが随所に感じられるからではないでしょうか。
漠然と満たされて生きている、恵まれた国ではこんな映画は生まれないかもしれません。

ストーリー自体は、ちょっと出来過ぎていると感じるところも、無理を感じるところもありました。
R12指定になっており、ちょっと残酷なシーンもあるし、見て癒される映画とは異なります。

この映画で良かったのは・・・インド独自の音楽!!


全編を通して散りばめられているそれぞれの音楽には、大変魅了されました。サントラを是非買いたいです。
ちょっとネタバレしますが、エンディングでいきなり全員でヨサコイのように?踊り出します。
私も話には聞いていたのですが、ここは笑えました。


インド独自の音楽と、地獄のような生活から這い上がろうとするパワーが評価された作品だと思いました。


最後に。「クイズ ミリオネア」って、みのもんたさんの番組と、ほとんど同じなのですね。
番組中の音楽まで全く同じ。これは世界共通の番組だったのですね。
みのさん独特の「長~~~い溜め」はありませんが。(笑)

末次さんからコメントをいただいて嬉しかったので、昨夜ご本人のブログに思わず書き込み
させていただきました。(キャー!大胆な私・・・)

はじめて書き込みさせていただきます。
昨日は、私のブログにコメントをありがとうございました。
とても感激しております。
タップダンスとは、素晴らしいチャレンジですね。
末次さんの温かい演技がまた舞台で観られることを、
とても嬉しく思っています。頑張ってくださいね^^

投稿: サチコ | 2009年5月 1日 (金) 22時19分

末次さんについて書かせていただいたのは2007年。末次さんからいただいたコメントの中に
「このコメントサチコさんの目にとまるのでしょうかね?あまりに前だから 」
と書かれていたので、私がどんなに嬉しかったかお伝えしたいと思ったのです。

それにはご本人のブログにコメントさせていただけば、必ず読んでくださるに違いない!

私は、末次さんのブログの文体と、いただいたコメントの文体が同じような雰囲気だったことや
その内容からも、本当にご本人であると確信はしていました。
そして、お返事が!

ありがとうございます!新しい世界で自分を試してみようと思います。今回は四季時代とは異なる ちょっとやったことのない役柄に、タップも含め悪戦苦闘。でも・・・やっぱりモノを作り出す作業って楽しいし、幸せです。コメントありがとうございました。ブログのお友達にもどうぞよろしく。本当に感謝してます、皆さんの応援に。

投稿: MISA | 2009年5月 2日 (土) 01時41分

劇団四季では役者さんと観客の間の距離に決まりがあるため、このような交流はありませんでしたし、
それは劇団のスタンスなので、それはそれでいいと思っています。
でも、退団されてからちょっと自由になり、制約がなくなると、こんなサプライズがあったりするので、
これは嬉しいです。

ご本人のブログに書かれたので、これはもう本当ですね。
「ブログのお友達にもどうぞよろしく。」ということでしたので、掲載させていただきました。

私たちがコメントでお話した内容が役者さんの活力になるなんて、幸せですね。
皆でこの幸せを分かち合いましょう~~~(~o~)

↑このページのトップヘ