ミュージカル観劇史

ミュージカルを愛して30年!その感動を仕事や日々の生活に繋げようと思って暮らしています^^

2009年04月

昨日、長女が中学に入学しました^^
実はこの中学は、私の母校です。

セーラー服のスカーフの色がこんなエンジの色です。
まさか自分の娘も同じ中学に入ると思っていなかったので、私のセーラー服は残してありません。(笑)

制服姿の娘を見ていると、かつての自分を見ているようです。
今日は自転車での初登校にワクワク&ドキドキ。。。

今日は、校内めぐりや班替えなどがあり、他の小学校出身の友達何人かと話せた!!!と嬉しそうでした。





中学入学を翌日に控えた昨日、夜桜を見に行ってきました。
連日忙しかったのですが、主人が「どうしても行きたい!!!」と言うので、付き合ってあげました。

行き先は、私の職場のすぐ近くの公園。
今帰ってきたばかりなのに、また行くの~~と思いながら、出掛けました。(汗)

出店がたくさん出ているのですが、こういう所で買うとちょっと高いので、
ちゃっかり家の近くの安いスーパーで、おにぎりやらサンドイッチ、花見団子まで買って出掛けました。

公園は、花見客でいっぱい!
新入社員ぽい人を囲んだ団体がいくつもありました。

紫ツツジも咲いていました。これ、私の好きな色!

桜を見ながら、ゴザをひいて買い込んだものをおなかいっぱい食べて帰ってきました。
主人も「気が済んだ」ようで、良かったです。(笑)

中学入学をあさってに控え、色々と準備しているところです。。。

まず、子供部屋の片付け。
いつも年度の変わり目は教科書を片付けるのですが、小学校を卒業したので、もう一度
捨てるか、残すかを判断し直しました。

計算ノートや漢字練習ノートはいらない!捨てる!
教科書は・・・記念に残しておこう。
日記や感想文は宝物。あとから読むと面白いので、もちろん残そう!

それから、絵や工作の作品
絵は、かさばらないので残しましたが、工作は場所を取るな~
どうしても残したい力作は保存して、その他は記念写真を取って処分しました。

これまでは子供部屋は、遊んで寝るだけの場所だったのですが、中学入学を機に、
制服や着替えなど全て押し入れに入れて、「住める」ようにしました。
自立への第一歩でしょうか・・・?
自分の部屋らしくなって、とても喜んでいます。

私は連日の片付けをして、疲れた~~~~
かなりの疲労ですが、まだ仕事がありました。

それは、通学路の確認。
自転車通学になるのですが、中学まで自転車で行けるか最終チェックをしなければ!
これまで文化祭などで何度か行っているのですが、通学路を聞いて、今日娘と自転車で走ってみました。

娘のピカピカ自転車27インチ。私のお買い得自転車(笑)26インチ。
娘が先頭で走りましたが、何度も「待って~~~」と言いながらキコキコ自転車をこいで往復しました。

制服などに名前も書いたし、これでOKかな?
あとは入学式を待つのみ・・・

部活に入ると、私もいっそう早起きをしなくては!母親も大変です。



四季のストレートプレイを観てきました。
フランスの劇作家ジロドゥ作の「トロイ戦争は起こらないだろう」という作品です。
劇団創立55周年を記念して、名古屋で初公演。私も初見でした。

ジロドゥ作の「オンディーヌ」や「テッサ」、私は大好きです。

いつも主人公の女性が純粋で、永遠を見つめているのに対し、
男性が愚かで目の前の現実しか見ていない・・・
という構図が多いため、今回もそんな感じかと思って臨みました。

ところが!!!

全然違いました。(汗) これ、ジロドゥ作なの?
重々しい歴史劇でありました。
舞台装置家の故金森馨氏による巨大な足のオブジェがズドーンと置いてあり、
それによって人間の小ささが際だちます。
不気味に忍び寄る戦争は避けようがない宿命なのか?

美しく、難しい台詞がドンドン続きます。

いつもなら、野村玲子さんの役が純粋無垢・・・の筈が、今回は様子が違います。
エレーヌは「不思議ちゃん」と呼びたくなるほど、つかみ所のない役ですね。

何も考えていないようでいて、したたか。
無邪気なようでいて、残酷。

台詞のトーンも上がったり、下がったり、クルクル変化します。
これ、難しい役だな・・・だから野村さんが演じるのか・・・と思いました。
エレーヌって、人間が手に入れようとしても手に入らない象徴のようなものでしょうか?
もし、現実にこういう女性がいたら、嫌われるでしょうが(笑)、そういうものを超越している存在ですよね?

野村さんのエレーヌと対照的な役は、坂本里咲さんのアンドロマック
こちらは夫を愛し、平和を愛する現実的な女性
玲子さんと里咲さんを同時に観られるというのは、贅沢だな~と思いました。
演技力のある方同士のやり取りは、見応えがありました。

しかも、私は2列目中央という席だったので、数メートル先には役者さん。(キャー)
この劇は顔ぶれが豪華です。55周年記念だからでしょうか。

阿久津さんのエクトールも、ずっと出ずっぱり。
昔、日下さんが演じた役だそうですが、阿久津さんがとても役に合っている感じでした。

味方さんも、昔から知っている役者さんですが、線の細い方なのに重厚な貫禄があって驚きました。

同じく、栗原さんも昔から知っているのですが、どんどん素敵になってきて注目している人であります。

劇は難しかったのですが、役者さんに恵まれて、いい演劇空間を楽しめました。
バックステージツアーに参加して、色々と解説していただきました。

   
     アンドロマック   坂本里咲      エレーヌ  野村玲子
     エキュブ      斉藤昭子      カッサンドル    都築香弥子
     平和の女神     西田ゆりあ     虹の女神      岡本結花
     ポリクセーヌ    川良美由紀

     エクトール     阿久津陽一郎    ユリス       味方隆司
     プリアム      山口嘉三      デモコス      栗原英雄
     パリス       田邊真也      オイアクス     青羽 剛
     ビュジリス     池田英治      幾何学者      畠山典之
     トロイリュス    大空卓鵬

今、書きたいことがたくさんあります。
旅行にも行ったし、トロイ戦争・・・も観たし・・・・。

でもず~っと毎日予定が入っていて、全然休みがありません。

卒業式~法事~ミニバス卒団式~旅行~観劇


が、続きました。ゼイゼイ・・・

最後のふたつは遊びですが。(笑)

仕事のほうも年度の変わり目で、大量の問題集の発注が来ており、ダンボールと本に埋もれました。

これからまた家のほうでも新年度を迎える準備をしなくては!
教科書の片付け、子供部屋の整理。中学入学までに綺麗にしたいと思っています。

記事の更新は、合間を縫って少しずつ・・・になりますが、よろしくお願いします。。。

↑このページのトップヘ