ミュージカル観劇史

ミュージカルを愛して30年!その感動を仕事や日々の生活に繋げようと思って暮らしています^^

2008年04月







ハムスターが家に来て1週間が経ちました。
キャベツ・ブロッコリーなど、家で採れた無農薬野菜をたくさん食べられるので、
うちに来て幸せだと思ってくれているかな?

それとも、娘らにショッチュウ構われるのでちょっと困っているかも??


名前がつきました。

パールです。よろしく!

色がパールホワイトなので、パールくんです。(男の子です。)
主人が「え~~ハムが付かないの?」と残念そうでしたが、ハムが付くと、おいしそうな名前になってしまうので、
やめました。(笑)




初めて「にんじん」を食べた時の写真です。
小さい手で、きちんと持って食べるのがカワイイ!><




ひまわりのタネは、おやつとして1日2~3個あげています。
タネを長いことカジカジ噛んで、割って中身を食べます。
ハムスターがひまわりのタネが好きって本当なんですね。
苦労してでも、割って食べていますから。




ハムスターが「回し車」をまわすのも本当でした。(笑)

これは、産まれて初めて?回した記念写真です。
ペットショップにはなかったので、たぶん初めて・・・かな?
最初は、恐る恐る乗って、ユラユラ揺れて

お~お~なんだこれは????

というリアクション。(笑)
向きもおかしくて、回し車の中をよじ上ろうとしてグラグラ。(笑)




で、すぐ降りていました。最近は随分上手になりました。
知人の家にベテランハムスターがいるのですが、聞いてみると、

「発電できそうなくらい回っている」(笑)

とのこと。
回し車の動力で、豆電球でもつないだらいいかも?




疲れて眠っています。
ジャンガリアンは、なんとまるいことよ!
まんじゅうにしか見えません。(笑)




今日は、こういうスペースを作って遊ばせました。どこにハムスターがいるか分かります?
パールは、???となっておりました。
ブロックで車を作ってハムスターを乗せたり、子供らは自分がしてもらったら楽しいだろうということを
次々にしていました。
でもハムスターだからね! 嬉しいかな~?

娘は毎日遊んでエサをあげているので、とっても仲良しです。
私も手に乗せてみたら・・・噛まれました。(涙)
チクッと痛かったよ。毎日エサを用意しているお母さんも覚えておくれ。

お世話や掃除はちょっとタイへンですが、生き物がいるのはいいな・・・と思います。
また時々様子を書いていきます。
どんどんまるくなったら、どうしよう・・・?

やっと小学校のPTA総会が終了しました。(ほっ)

学級委員決めから始まり、役員会委員会で何度も夜に学校に集まりました。
4月当初は、どこの学校でもそうですよね。

「ドラキュラ伝説」を観た日も、夜に委員会があり、まず地区委員さんや学級委員さんらの所属部を決定し、
その後、部ごとに分かれて年間行事や部会の日取りを決めました。
短時間でたくさんのことを決めないといけなかったので、あらかじめ色々資料を作って用意して
所属部の先生方に事前に集まっていただき、打ち合わせをしました。

「段取りのいい人やなぁ~」と先生から言われましたが、これくらい段取りしなくて
どうして30分間やそこらで1年分の予定が組めるのでしょうね~

やはり部長が主で、先生がお手伝いしてくださるという雰囲気のようです。

一応部会で聞いてみましたが、皆さん「できるだけ楽に・・・」と望まれているようなので、
部員に負担をかけないで、ほとんどの予定や講演会の内容などをこちらで決めてしまおうと思っています。
(いいのか??  いいよね。。。)

今日の総会で、年間計画などを発表して承認を得ましたので、とりあえず学校関係は落ち着いたかな?

しかし、市P連の総会や、育成関係の総会などにも、これから土日を返上して参加しなければなりません。
そういえば、去年はアニーの発売日に総会で、電話がかけられずに困ったんだったなぁ。。。
明日は、その総会に出ます。
今年はアニー取らないから、いいや。(笑)

いろいろな方の「ドラキュラ伝説」の感想を巡っていたら・・・

レミゼラブルなどミュージカル界で大活躍の岡幸二郎さんのブログに出会いました。
そして、笑った泣いた飛んだマツケン!!という記事を書いていらっしゃるのを読んで・・・
私、大爆笑!!
幸二郎さん、ちょっと紹介させてくださいね。

http://blog.livedoor.jp/okablog/archives/51034243.html


この劇のツボを紹介されているのですが、一部抜粋・・・

・光枝さんが“にらみんこ”な事!!(そうそう!!こういうの共感できて嬉しい!><)

・マツケンったら飛ぶんです!!!金と銀の衣裳で!!恥ずかしそうだけどメチャ嬉しそうに!!
洋服の裾を広げながら!!(あはは・・・・そうです、そうです。)
私は思わず客席から『ヒュ~』と声をかけてしまいました!!そして確信しました。
『これは大真面目なコメディ』だと!
(うん、そうかもしれない。観客を飽きさせないこういう演出が次々あるんですよね。)

・そしてラストはあたかもエリザベートのラストの様な構図で白薔薇に消えていくマツケンと剣持…。
勘弁してください!!(もう、やめてくれ~~と言いたくなるくらいウケたのですね。)


私の感想とよく似た内容がコミカルに書かれていて、嬉しくなってしまいました。

幸二郎さんの記事を読んで、私も改めて確信しました。
『これは娯楽大活劇です』(笑)

「ドラキュラ伝説」を名古屋中日劇場で観てきました。

松平健  ドラキュラ伯爵 (吸血鬼) 
鈴木綜馬 ヴァン・ヘルシング(アムステルダム大学名誉教授)
剱持たまき ミーナ・マリー(ハーカーの婚約者
真織由季 ヴァンパイヤー(ドラキュラ伯爵の手先)
初風 緑 ヴァンパイヤー(ドラキュラ伯爵の手先)
初嶺麿代 ヴァンパイヤー(ドラキュラ伯爵の手先)
藤本隆宏 アーサー・ホルムウッド(ルーシーの婚約者)
園岡新太郎 メフィスト(悪魔)
安崎 求 ジャック・セワード(ルーシーの叔父で精神科医)
光枝明彦 執事(ドラキュラ伯爵に忠実に仕えている)
大澄賢也 ジョナサン・ハーカー(弁理士)
紫吹 淳 ルーシー・ウェステンラ(ミーナの幼友達)

広告などで松平健さん一色?になっているのを観て、どんな舞台になるのか期待半分、不安半分という感じでチケットを取りました。

私の背中を押してくれたのは、光枝さんのお名前
劇団四季時代に温かくて大好きな役者さんでしたので、どうしてもお会いしたくてチケットを取りました。

行って良かったです。楽しめました。

脇を固める役者さんが豪華です。

元劇団四季&元宝塚のメンバーがズラリ。

なので、回りのレベルは高かったと思います。



心に残った方について書いていきます。


光枝さんは、思っていたよりずっと出番が多く、健在ぶりを見せてくれました。
どんな感じかというと・・・

マジョリンのニラミンコですよ!(笑)


ドラキュラ伯爵に仕え、あちらからこちらから世話を焼く執事。
「お前は、執事というより『ばあや』だな。。。」とドラキュラ伯爵に言われていました。
そのうち、手もみしながら、
「マジョリン、しっかりおし。あたしはあんたの為を思ってこうして言ってあげているんだよ。」
と言い出しそうな雰囲気が、懐かしくて涙が出そうでした。

歌う場面もありました。
年輩で、歌え、コミカルな演技ができる方は貴重な存在だと感じました。



歌がズバ抜けて上手いと思ったのは、悪魔の園岡新太郎さん

雰囲気は、Mr.インクレディブルの悪役。(笑)

髪の毛は立ってるし、変わった化粧だし。でも、歌が上手い!
四季や東宝でご活躍ですものね。



鈴木綜馬さん
四季時代に山口さんと同じくらいよく拝見した役者さん。
当時はヒーロー役ばかりでしたけど、今は演技に深みが出て、苦悩する役がお似合いになりました。



剱持たまきさん
私にとって、この方はコゼット。楚々とした雰囲気が、とても良かったです。



紫吹 淳さん
ファンの方も多いでしょうから、サラッと。(汗)
一番宝塚の喋り方が色濃く出ていたのは、この方でした。



最後に松平健さん
歌は、ピッチが下がっていくところがありますが、存在感はさすがですね。
なんと!

歌いながらフライング!!(笑)

これにはビックリ。@@ 大変ですよね。大したものだと思いました。



演出について。
宝塚の演出家らしさが随所に感じられました。

エリザベートに少し似ています。
トートダンサーがドラキュラ手下のよう。動きも怪しい。。。
セットも白バラが降りてきたり・・・。
一番宝塚らしいと感じたのは、最後、

ドラキュラが思い人と上昇していくところですね。


東宝版エリザベートは上昇しないのですが、宝塚版エリザはドライアイスと共にポーズを決めて
昇っていきますからね。(笑)

そして、ストーリー・テーマが良かった

妻を愛する故にドラキュラとなり、誇り高い気持ちを残したまま、自分の犯した罪に苦しみ、
それが妻によって開放される・・・

とても奥の深い話だったのですね。

平日昼間だったので、客層は年輩女性ばかり。松平健さんのお名前を見て来られた方も多いのでは・・・。
ミュージカルなんて初めて・・・という雰囲気が伝わりました。

最後幕が降りると同時に帰るお客さん多数。(汗)
せっかく素晴らしい舞台だったのに!と思ったら、幕が開き、
ちょうど帰ろうと立ち上がったお客さんは立ったまま拍手を送り、

スタンディングオペレーションとなりました。(笑)

カーテンコールでマツケンさんを思い切り目立たせる演出は、やはり宝塚!


結局この舞台はオススメかと聞かれたら・・・・・
はい、結構オススメします。(笑)

明日は、名古屋にドラキュラ伝説を観に行きます。


松平健さんにとって、久しぶりのミュージカル。(笑)
18年前に「王様と私」で大地真央さんと共演して以来だとか。

名古屋→大阪→東京 という順に公演するので、名古屋が最初になりますね。

楽しみなのは・・・
元劇団四季の光枝明彦さんが、ドラキュラ伯爵に忠実に仕えている執事の役で出演されること!

光枝さんにお会いするのは、四季以外では私は初めてです。
東京の舞台に出演されたりしていらっしゃいましたが、遠くて観に行けなかったので
名古屋に来てくださって嬉しいです。

宝塚の演出家なので、エリザベートの時のように宝塚っぽい?雰囲気になるのでしょうか。

ちょっとアヤシイ雰囲気のミュージカルも実は好きなので、楽しみです。

観劇歴が長くなると、ミュージカルは再演を繰り返し観ることが多いのですが、
新しい作品は、とってもワクワクします。^^

↑このページのトップヘ