近くの博物館で「近藤喜文展」が開かれていたので夫と行きました。

IMG_20190915_105553


近藤喜文は、新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーター。高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていた。唯一の長編監督作品『耳をすませば』(1995)で大成功を収めるが、その後1998年1月に47歳の若さで急逝した。

本展では、近藤喜文が描いたキャラクター・デザインやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなど多数展示します。清潔な人柄と温かな眼差しから生まれた近藤喜文の世界をお楽しみください。

「僕が出会った何百人ものアニメーターの中でも、屈指といっていい感じの仕事をする、腕の良いアニメーターでした」宮崎 駿
「感じの出る絵、感じを出す動き、それを描き出せる人、それがぼくにとっての近ちゃんでした。」高畑 勲
(以上HPより)

BlogPaint

↑会場内は写真が撮れませんでしたが、ロビーにこんな風景が!
「耳をすませば」の映画に、私も入ることができました(笑)
クン(←好き)と。

BlogPaint
麦わら帽子まで置いてありました。(子供用?ちょっと小さいw)
♪カントリーロード♪


▽テレビ▽

巨人の星(1968 - 1971年)動画、原画

ルパン三世(1971 - 1972年)パイロットフィルム、原画、オープニング原画

赤胴鈴之助(1972年)原画

ど根性ガエル(1972 - 1974年)Aプロ班作画監督、原画、エンディング作画

はじめ人間ギャートルズ(1972年)Aプロ班作画監督、原画

ガンバの冒険(1975年)原画

元祖天才バカボン(1975 - 1977年)Aプロ班作画監督、原画

まんが日本昔ばなし・十二支の由来(1977年)作画

まんが世界昔ばなし(1977年)演出、キャラクター、作画、美術、背景

おれは鉄兵(1977 - 1978年)原画、コンテ

未来少年コナン(1978年)原画

まんが偉人物語(1978年)作画

赤毛のアン(1979年)キャラクターデザイン、作画監督

トム・ソーヤーの冒険(1980年)原画

日生ファミリースペシャル 姿三四郎(1981年)原画

花王名人劇場 アニメ版 東海道・四谷怪談(1981年)オープニング原画

名探偵ホームズ(1984 -1985年)キャラクターデザイン、作画監督

ワズルス(1985年)プロモーションフィルム作画監督、原画

ブリンキンズ(1985年)キャラクターデザイン

愛少女ポリアンナ物語(1986年)原画

愛の若草物語(1987年)キャラクターデザイン、原画

そらいろのたね(1992年)監督

海がきこえる(1993年)原画

「スタジオジブリ原画展」 TVコマーシャル(1996年)原画

『火垂るの墓』金曜ロードショー放映予告 TVコマーシャル(1996年)原画

金曜ロードショー 2代目オープニング 通称映写機おじさん1997 - 2009年)作画、演出

 

▽映画▽

つるのすごもり(1971年)制作事務、原画

パンダコパンダ(1972年)原画

パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻(1973年)原画

草原の子テングリ(1977年)原画

火垂るの墓(1988年)キャラクターデザイン、作画監督

NEMO/ニモ(1989年)パイロットフィルム

魔女の宅急便(1989年)絵コンテ、作画監督、原画

おもひでぽろぽろ(1991年)キャラクターデザイン、作画監督

紅の豚(1992年)原画

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年)作画

耳をすませば(1995年)監督

もののけ姫(1997年)作画監督


有名な作品の羅列に圧倒されます。どれもこれも懐かしいものばかり。
これらのイラストがたくさん展示されていました。
こんなバラエティに富んだキャラクターの絵をイキイキ描けるとは・・・素晴らしい才能のある優しい方だったことが伝わりました。

そして、昼ごはんに食べた寿司ランチの卵焼きが大きい件。(笑)
IMG_20190915_110534
ご飯がちゃんとついているので、これはお寿司です!大きいだけではなく、味も抜群でした。
DSC_9176
卵焼きでおなかいっぱい!最終日間近でしたが、行けて良かったです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村