先日、娘とオープンキャンパスに行きました。
大学についての説明を一通り聞いた後、各フロアで色々な体験をさせてもらうコーナーに寄りました。
その中に「ストレスチェック」ができる!というのがあり、娘が「やりたい」と言うので
やってみることに。

チェック方法は簡単。スティックを舌の下に入れて30秒。
それを機械に入れてピッと測るだけ。

何故そんなものでストレスが測定できるのか不思議でしたが、ストレスがかかると交感神経の働きが盛んになり、唾液アミラーゼという成分が増えるとか。
その量をチェックするそうです。

まず娘が測定してもらうと、「ややストレス有り」という数値が。
娘は一晩寝たら忘れるタイプなのですが、やはり受験生らしい数値でした。

続いて私。
「保護者がやってもよろしいですか?」と聞いてみたところ、
「お母さんも、どうぞどうぞ」と言われたので、私もピッとしてもらいました。
しかし、「測定不能
もう一度、気を取り直して再挑戦。
しか~し、またまた「測定不能

本当は結果を知りたかったのですが、後ろに学生さんが並んでいたので、これ以上は・・・(残念)

私は「心配性」ですが、その心配は全て「未来」に向いています。
先の先まで考えて、色々質問してしまい、「そんな先のことは分かりません!
言われることもしばしば。

ですが、済んでしまったことを「後悔」することは、ほぼありません。
一応「反省」はしますが・・・
あの時あ~すれば良かった、あんなこと言わなければ良かった・・・などと
クヨクヨ考えたりはしません。

ま、いいか。なるようになる。なるようにしかならん。
神様、後は良きに計らって下さい。
・・・ピンチの時は、こんなふうに天に任せています。

でも最近、学校でも、家でも、色々と大変だったのですが・・・

さてさて、このような私のストレスは如何に。

物凄く数値が低くてエラーが出たのか?
その逆で、高すぎて測れないのか?

さて、どっち?(笑)