大阪CATSの感想です。
この日のキャストはこちら↓

私が行く前の週まで、ジェリーロラムは岡村美南さんでした。
私は岡村さんのジェリロを観たことがなかったので、どうかこのままで
最近のキャスト事情に全然詳しくない私は、えっとぉ~
宝塚→四季というのは稀有ですね。宝塚と四季では発声やダンスなど、レッスン方法が随分違うのでは??と思いますが、そこを乗り越えて入団されるというのは、本当に力のある方なのだと感じました。
なので、この日の一番の注目は、真瀬さん・・・ということになりました。

真瀬さんのジェリロはスタイル抜群で、一瞬でどこにいるか分かりました。
ダンスを観ていると、どこかしら宝塚のオーラが・・・背中に羽根が見えるような気がいたしました

そしてもう一人の注目すべきは、バストファージョーンズの藤田光之さん!!
藤田さんもレ・ミゼラブルなど東宝ミュージカルでご活躍の方。
藤田さんの歌を聴いていると、東宝ミュージカルが思い出されました。やっぱり、四季とは違う雰囲気ありますよ!
私は中央寄りの席(握手席にあらず)だったのですが、藤田さんが何度か近くまで来て下さり、カーテンコールでは手を伸ばして伸ばして、根性で握手をしていただきました!(笑)

私の観たCATSは宝塚やら東宝やら・・・外部からの参加型公演でした!
四季も門戸が広く開かれたのだなぁと感慨に耽りました。

ほかに印象に残ったのは加藤さんマンカスの雄々しさ、田邊さんタガーのプレイボーイぶり(笑)、一色さんミストの美しい回転、五所さんシラバブの美しいソプラノ、江畑さんや山田さんの安定した素晴らしい歌声・・・などでした。

一緒に観劇した娘らに「推しネコを後で聞くからね」と念押し。
「スキンブルシャンクスの歌の時に、ガラクタがあっという間に電車になる・・・と聞いてはいたけれど、それが想像以上でビックリした!!」
うんうん、汽笛もシュポーッって格好いいよね!!


「お母さんの車で時々CATSが流れてたから、ほとんど全部知っているナンバーやった!でもこういう演出で歌われていると知って面白かった」

それから「お母さんの隣の席のお客さんが凄かった」
うん、凄かったねぇ。一人観劇の男性の方でしたが、ネーミングオブキャッツなども全部一緒に口が動いていました。私も言えるぞ・・・と思ったのですが、その方は時々声も漏れておりました
拍手のタイミングも一つもミスらず、劇場中をバッチリ先導してくださっていました。
隣で感極まってウルウルされているのも感じられ・・・
この作品が大好きなのですね。隣のお客さんの感想をここに書くというのは珍しいことです。それくらいインパクトのある方でした。

帰ってきてから、長女はCATSのCD貸して・・・と言って、自分の携帯に入れていました。こういうの、嬉しいですね。
「四季のミュージカルはレベルが高いから目が肥えてしまう・・・」とのことです。

最後に「毎回グリザベラが選ばれるんじゃなくて、色々なネコが選ばれてポーズを取りながら昇天していったら面白いのでは??」という話になり・・・
それ、凄くいい!!(笑) 今日は誰が選ばれるのか?って楽しみがあったら面白い!

時代が変われども、キャストが変われども、CATSはCATS。傾斜舞台でこんなに踊りっぱなしのエンターテイメントは、他にあまりない!と思います。
念願叶っての親子観劇、とても楽しかったです