10月31日・・・今日はハロウィンですね。

昔は日本でこんなに騒いでいなかったのに、ここ10年くらいで街はハロウィンのもので溢れるようになりました。
ハロウィン商戦に乗せられているような気もしますが、私はハロウィンのグッズってカワイイ
ブログの帯の絵もハロウィン
!(笑)

イオンシネマから「仮装してきてくれたら映画300円引き!」とメールが来ました。大勢ならともかく、浮いたら恥ずかしい??

英語の授業をしていると、ハロウィンはやはり避けて通れない行事。
以前一緒に授業していたALTは、「今日はハロウィンだから、帽子をかぶって授業をしましょう。はい、これ先生の分です、どうぞ!!」と頼んでもいないのに魔女のような帽子を買ってきてくれて・・・(笑)
せっかくなのでゲームの間だけかぶらせてもらいました。(これで文法説明は、さすがに恥ずかしい)
終わって返そうとしたら「あ、それ先生にあげます」と言われ・・・(え?)

授業で「今日は何の日?」と聞くと「ハロウィン!!」というのは皆知っているのですが
「ハロウィンって何の祭り?」と聞いても「知ら~~ん!」と言われ・・・
中には「カボチャの祭り
「もとは古代ケルト人の祭り。ケルト民族では11月1日が新しい年の始めだから、10月31日っていうと大晦日みたいなものかな。」
と言うと、そうか、大晦日!と納得してもらえます。

「どうして仮装するか、知ってる?」
「知ら~~ん」「仮装すると、お菓子がもらえるで~~」

「1年の終わりに、秋の収穫を祝うんだけど、10月31日の夜は、この世とあの世の境目がなくなって、あの世の悪霊、死者の霊たちが蘇ってくるって信じられていて・・・霊が来たら怖いよね~~だから仮装して、私はあなたの仲間よ!私は人間じゃなくて霊だよ!乗り移らないで!という気持ちで仮装するんだよ。」

「Trick or Treat・・てどういう意味?」
お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ
「よく知ってるね~~ どっちがお菓子?」
「Trickがいたずらって感じやで Treatがお菓子?」
「正解!Treatはお菓子というより、おもてなし。施し。トリートメントって言うでしょ?髪の毛をいたわるためにつけるでしょ?子どもに施しをする。つまり、お菓子をあげる。そうすると喜ぶからね。
省略しないで言うと”Treat me, or I’ll trick you.” 私をTreat(おもてなし)しなさい。そうしないと、あなたにTrick(いたずら)するぞっていう感じかな。」

・・・というような説明をしてから、何かハロウィンにちなんだゲームをしておりました。
今年は塾で働いているので授業でハロウィンをする必要がないので・・・書いてみました。
ハロウィンが終わると、クリスマス~そしてお正月~と一気に冬モードに入りますね。