久しぶりの更新です。
 私の赴任した中学は、地域の方に支えられ、自然に囲まれているこの中学校は、とても温かい陽だまりのような所です。
 
歓送迎会に参加して、先生たちの仲の良さにも驚きました。
他の中学へ異動のあった先生方は、口を揃えて「戻りたい」と言っておられました。
世間に出ると愛情不足の子供が多く、信じられないような事件の後始末や家庭訪問ばかりしている日々だという先生が多かったです。
私は恵まれていると思います。ここで文句を言ったらバチが当たるだろうな。
 
とは言っても、14年ぶりに教壇に立つというのは、本当~~に勇気のいることです。
我ながら、大胆な挑戦だな~~~と思いつつ、ここまで来たら、やるしかない!という感じで
自分を追い込んでいます。
こんなにテンパっていて大丈夫か、私?と思ったのですが、慣れるしかありません。
 
英語では少人数指導を組んでいるのですが、4月中はペアの先生と一緒に授業しています。
そのペアの先生がそれぞれ個性的。

3年生でペアを組むの男の先生は、若いけれど初対面で
「僕は英語指導に自信があります!!」と私に言い切りました。アッパレ!
まずは僕の授業を見てください!というので拝見したのですが、とにかくものすごいハイテンポでした。
ペアワークと言って、生徒に2人1組のペアを組ませて、単語を覚えさせるのですが、それも
ものすごいスピードで役割を交代させたりして、声が枯れるくらい皆に喋らせる授業でした。
で、私もこうやれ・・・と???
ペアワークで練習している時は、生徒も隣のペアに負けないくらい大声で練習します。
そこで、「はい、次は~~~」と指示を出す・・・つまりものすごい大声を張り上げないといけません。
「あの~~私、そんなに大声が出ないのですが」・・・と相談すると、
「ホイッスルを吹くのがおすすめですね。」
 
へ? 本当に私もやるのか???
ホイッスルを吹いて次の指示を出す英語の先生。。。本当にやるのか、ちょっと考え中です。(汗)
 
2年生でペアを組む女の先生は、とにかく凄い量の宿題を出し、たくさん書く練習をさせています。
で、私の初仕事は春休みテストの採点。
1つ1点、100点満点のテスト。1人の答案につき100個マルをしないといけないという強烈な採点。
1年生で習った動詞全ての過去形、進行形などの語形変化を、ひたすら練習させたノートも全てチェックさせてもらいました。
これだけ単語練習させたら、力がつくだろうな~~
見るほうは大変ですが。
それぞれ違う授業を独自のスタイルで展開する先生について、色々と学んでいます。
さて、私はどうやってやろうかな?

ALTの先生も交じって、今日なんか3人で授業しました。
コンビを組むなんて、ちょっと漫才のセンスがいるかも・・・??
 
私だけが担当する受験勉強用のクラスもあり、それは一人で喋り続けます。
授業はじめは、まだテキストもなく、どうして英語を勉強するか、どうやって授業を進めるかなど
一人で50分語らないといけなかったのですが、さすがに50分もネタがないと思ったので
アンケートを作成して、英語の授業についての生徒の気持ちを書いてもらいました。
なかなか読み応えのある内容を書いてもらえたので、じっくり読んでできるだけ対応したいと思っています。
 
そして明日は参観日。いきなりかいっ
幸い、まだクラスを半分に分けずに一緒に授業しているので、ペアの先生がリードしてやってくださいますが、
私も少し話をしますから、緊張します。
まだ始まったばかりなのに人にお見せするなんて・・・どうしましょ~
うちの学校は、参観人数が多く、PTA総会で委任状がいらないくらい人が来るそうです。キャー
 
担当するクラスの生徒を合計すると160人。名前を覚えるのも大変。
学ぶことも次から次へとあります。
怒濤の毎日ですが、充実しています。
どうやって授業を進めるかが決まると、もう少し気持ちが落ち着くんだろうな。
頑張ります。