ワタクシ絶賛の(笑)ブラコメキャストについて★
やっと書くことができました~

私は、20年前から四季の舞台を観ていますが、この舞台はその時からいらっしゃった方がほとんど!
なので、この舞台のキャストの感想は、昔からの思い出を交えて書いてみます。

キャロル・メルケット・・・坂本里咲さん


里咲 さんは、私の大変尊敬する役者さんのひとり。
ストレートプレイでも玲子さんと並んで力を発揮されていますから、
その力は皆さんの認めるところですよね。

でも・・・キャロル役の里咲 さん、なんて可愛い!なんてキュート!
20年前から変わっていない気さえします。

昔のアルプにこんな紹介がありました。誰のセリフか忘れましたが、
「四季の女優さんの中で、一番可愛いのは里咲かな。」と書いてあったのです。@@
お顔立ちも勿論ですが、可愛い女優さんばかりの劇団でこういうお墨付きをいただくというのは
その持って生まれたご性格もキュートだということでしょうか。
あまりにも印象的だったので、覚えているのです。

テッサのフローレンス役など「嫌われ役」も見事にこなされるのに、
このキャロルは、キュートでありながらとても難しい役だと思います。
大変さを感じさせずに演じられているところがベテランですよね!


ブリンズリー・ミラー・・・石丸幹二さん


私が観劇を始めた頃、石丸さんはいらっしゃいませんでした。
ファントムのラウルで華々しくデビューされた時、
「浅利氏は、いったいどこにこんな切り札を隠し持っていたのか!!」
マスコミをはじめ皆がビックリ仰天したのを覚えています。

芸大で歌を勉強されてきた方が、こんなにストレートプレイで勝負できる役者さんになられるとは
・・・と今回改めて感服いたしました。

このブリン役の運動量って相当ですよね。
家具を動かすコミカルな動きは計算しつくされていて見事です。
石丸さんの努力に敬服!文句なしのブリンでした。


ハロルド・ゴリンジ・・・栗原英雄さん


栗原さんも20年前から知っています。
栗原さんは努力の方だと思います。
メキメキと力をつけられて、最近頭角を現されてきました。
人間になりたがった猫でライオネル役をされていますが、そのうち大人のミュージカルでも
主役級の役で登場されそうですね。

ハロルド役の栗原さん、素敵でした~~(*^_^*)
ハロルドって下村さんのために書かれた役のようですね。
栗原さんの影に下村さんが見えました。(笑)
下村さんは、女性的な演技を難なく自然にこなされますが、
栗原さんは、男性っぽくて(笑)そこがリアルで良かったです。


クレア・・・八重沢真美さん


私の中で八重沢さんは、コーラスラインのキャシー役ハンス・アンデルセンのマダム・ドーロ役
マイ・ベストであり続けています!

四季に再復帰されてから、拝見する機会がなかったので、私にとって実に15年ぶりくらいで涙が出そうでした。
八重沢さんのエピソードは、昔のラ・アルプに山のように出ており、彼女が通り過ぎていく
所には、ユニークな伝説ができるというくらい個性的な方。

バレリーナだった方が、踊りを封印してこんなストレートプレイに登場されていることが
私にとって新鮮で感動的した。しかも、この役嵌ってました。。。

ファン登録してくださっている方は、こちらもどうぞ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/itoys22570/3603982.html


やはりこの劇は、難しいのでしょう。これだけ贅沢なキャストですから。
名古屋であっという間に終わってしまったのが残念ですが、また機会がありましたら皆様ご覧ください!